2007年11月25日

ディパーテッド

The Departed

主演:レオナルド・ディカプリオ/マット・デイモン
監督:マーティン・スコセッシ
2006年 アメリカ
レンタルDVD

観ている途中はハラハラ、
見終わった後にはなんともやり切れない気持ちに。



ディカプリオ演じるビリーは,
父親以外の親戚がみんな犯罪者といった家庭に育ち,
その生い立ちを断ち切るために警察官を志す。
ところが,その身の上を見込まれ(?)て,
マフィアへの潜入捜査を命じられる。

一方,マット・デイモン演じるコリンは,
経歴に一点の曇りもない有望株の新人刑事。
でも実は,幼い頃からマフィアのボスに目をかけられ,
そのボスに直接捜査情報を流す“ネズミ”。

ストーリーは,ビリーの苦悩を描きながら展開していくのだけれど,
本当の所は歪んだ価値観を持つコリンの悲劇がテーマかな,と思う。
最終的にコリンは,自分を利用しつつも
本当の息子のように思ってくれていたマフィアのボスを
裏切ってしまい,
恋人にも裏の顔を知られてしまう。
そうなりつつも表面上はうまく行った・・・と思った矢先,
全てを知っているビリーの上司に撃たれる。

そしてみんな死んでしまった・・・みたいな終わり方は
好きじゃないな〜。
もうちょっと救われる終わり方がありそうなもんだけど,
どっちかが生き残るっていうのはあり得ないような気もするから
まぁ仕方がないのかな。

映画としての見所は満載です。
本当の自分と裏の顔との間で精神的に追いつめられていく
ビリーは本当に痛々しい。
その姿に惹かれていくセラピストでコリンの恋人,
マドリン(ベラ・ファーミガ)の気持ちもすっごく分かる。
スパイものにつきもののドンパチがメインなわけじゃない。
裏の顔を持つ男達,それぞれの苦悩。
それがテーマなのは面白いところ。



つぶやく


posted by Baro at 07:24| Comment(0) | TrackBack(1) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387088370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

THE DEPARTED
Excerpt: マサチューセッツ州ボストン南部、通称「サウシー」。 警察はこの街に蔓延する犯罪を撲滅すべく最終戦争に突入しようとしていた。 標的は犯罪組織のトップ、フランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)。 ..
Weblog: こころね*
Tracked: 2007-11-29 09:20